大崎下島 久比一文字 新本君の船にて

大崎下島 久比一文字 新本君の船にて

大崎下島 久比一文字に新栄丸で渡りました。
腕利き8人のうち、釣果があったのは3人。
運よくそのうちの一人に入れました(^∇^)
80㎝の真鯛を釣って帰る、と豪語して出かけましたが8インチの間違いでした(笑)
黒鯛は40センチちょい。よく引きました。
今日はね、倅の誕生日なんで、なんとしても、と思って釣って帰りました。
いい修行になりましたv(。・ω・。)ィェィ♪
雨も降って寒かった~
飯も食わず一心不乱に釣りしたし、ずいぶんカロリー消費したに違いない(*`▽´*)

釣りの反省メモです。

1.魚の食いが渋いのに、オキアミの生を用意していない。
2.水深をきっちり計っていなかった(人に聞いてしまって、ずいぶん誤差があった)
3.流れが強くマキエサがたまらないのに底攻めの時間が長かった。
4.もう少し移動してもよかった。

集魚剤の具合は良かった その気になれば50メートル飛ぶ
チヌパワームギ ダッシュ まるきん 高比重剤
オキアミ3キロ アミエビ4キロ CR500グラム

なんとか1枚、小鯛はこのサイズ数枚。

江田島マルケン渡船 2017.1.19

大知塾の海田君と奥様と、マルケン渡船に。

終始渋い状態。
シブいのに、屋形→カラ筏に上がってしまったorz

屋形で1枚。底べた。はわせ。良型。アナゴは、カレイ調査の牡蠣屋さんがゲット。

カラ筏で2枚。
小さい(-_-;)

海田君撮影。髪が長いのが俺ではない。奥の小さいのが俺。

シブいのにエサ取りのフグは元気という、どうしたらいいのスパイラル(笑)

ひたすら手返しと底這わせ。

手返しスピード上げるために、重い仕掛けを上手に活用しないといけない。

課題が多いな。

 

2017初釣り 金川渡船

金川渡船

朝、黒鯛釣り用のマキエサを用意していたら‥

ピキ!
やってしまいました。ぎっくり腰です。

動けないほどではないものの、かなりの痛み(*´-`)

新しい金川渡船で江田島柿浦のカキ筏にアタック


一番奥の豆粒みたいななのが俺ッス 手前は大知塾の益村さん 大知塾渡辺さん撮影

 

黒鯛9枚真鯛6枚の釣果。
黒鯛さんは、帰海してもらい、真鯛さんだけお持ち帰りしました。
今夜は七草粥なので明日頂きます。
嗚呼、腰痛い( ;∀;)

西日本釣り博 IN 小倉

西日本釣博に行ってきました♪

2016-03-18 20.16.35

前夜は、大知昭塾長、百合野崇シマノフィールドテスター、井川遥の三巨頭を囲んで前夜祭( ´艸`)

2016-03-18 20.19.33

TBO (チームブルーオーシャン)のボスれんたしゃんも参加(^▽^)

夜遊びして、あけて翌日!!

行ってきました、釣り博☆

2016-03-19 09.54.28

大知昭塾長と古賀ちゃん♡

 

2016-03-19 10.03.46

きゅーちゃん☆

 

2016-03-19 10.09.54

いずみんと、もはや九州を代表する黒鯛師となった豊田洋名人♡

2016-03-19 10.29.29

塾長と、ファンの女子。カリスマは、チヌにも女子にもモテマス( ´艸`)

そして

 

愛すべきキザクラ社さんブースで

黒魂グッズの充実に目が点です☆

このウェアは買うな~両方買うわ。あがるー!!

2016-03-19 10.14.51 2016-03-19 10.15.03 2016-03-19 10.15.36 2016-03-19 10.15.42 2016-03-19 10.18.00
バッカン関係はもう揃えましたけど、あらためてみてカッコいい(///∇//)

 

最後に

2016-03-19 10.09.44

あつかましく、腕組んでもらいました(///∇//)

惚れるわ~♡♡♡

 

 

 

 

 

大知昭塾長直伝稽古 in 宮島渚

子供の日に、ふかせ釣りのビッグイベント発生!宮島の渚へ行くことになりました。なんと初めての渚釣行です!!3組のペアでふかせ釣り合戦です。メンバーは、大知塾長と私、チヌパラ編集長黒鯛寅次郎さんと息子さんの三平くん、間さんと理香さんのペアです。

002今回使用した餌は、マルキューのクワセオキアミスーパーハードと食わせ練りエサと食い渋りイエローです。オキアミは、ハサミで頭と尻尾を丁寧にカットします。練り餌は、まずは2種類を耳たぶくらいの硬さに練った後、食わせ練り餌のみ、食い渋りイエローのみと、二つの練り餌をミックスして色が変わるくらい練ったものと、2色が軽くマーブル状になるくらいに練ったものと4種類の塊を作りました。練り餌の形も色々あり、三角、丸、平たくつぶした丸など色々です。状況に応じて使い分けるのだそうですが、今回、渚で使用した練り餌の形は三角形でした。

渚で釣るで~と塾長から聞いた時、渚って遠投のイメージがあるので、私でも大丈夫なんですか?って聞いたのですが、大丈夫大丈夫~、たくさん釣るで~、な、と軽いノリだったし、何より塾長と一緒!なんとかなりそうと、私の心も軽くなりました(笑)

残念ながら、この日は小雨がパラつき少し寒いくらいで、天気あまりよくありません。でも、土砂降りではなかったので良かったです。宮島沖の渚に到着したら、早速、場所決め。一番左が、間さん&理香さんペア、その隣が塾長&私、そして私たちの隣が、寅さん&三平くんペアです。場所が決まったら、早速仕掛け作り。塾長に初心に戻って、練り餌の作り方から教えて頂きました。

使用したコマセは、マルキューのチヌパワームギ、DASH,遠投Gとオキアミ1枚です。私が色々と塾長に教えて頂いている間に、理香さんが早速、竿を曲げていました。そしてさすが理香さん!見事チヌを1枚釣っていました。いつも思うけど、ほんと、理香さんはすごいですよね。

「おいおい、わしらも釣らんといけんで~」と、塾長が立ちあがり、ポイントに3投コマセを投げて、まずは塾長が見本で第1投。投げた後、ほれ、竿持っとけ!と、竿を渡され、ドキドキしながらアタリ待ち。もちろん、前回の塾長講習で教えて頂いて練習した私のライン修正のやり方も今回またしっかりと塾長から細かく修正されました。

そして、さすが塾長!投げて仕掛けが馴染んだ頃にアタリ。まだ前アタリの段階だったけど、何だかすぐにアワセてしまい、口皮一枚でギリギリチヌが釣れました!

塾長に「お前はイラっちやの~」と言われましたが、とりあえず1枚釣れた安心感。次も同じ仕掛けでトライ。なんと、またまたチヌが釣れました。本当にこの渚は遠投しなくても、チヌが釣れるありがたい釣り場のようです。
それからも、投げれば釣れるというチヌフィーバーこんなこと初めてです。

そして、みんなで楽しくチヌ釣りをしようという塾長は大体釣れているところと釣れていないところで釣り座交代をされるので、まずは私の隣でまだチヌが釣れてない寅さんチームと釣り座交代。

私がチヌフィーバー中なので、塾長は隣で釣っている寅さんチームのところに行き、早速三平くんにチヌ指導。塾長が隣についてすぐに…なんと、三平くんの竿が思いっきりしなりました。まだ小学4年生の三平くんですが、思いっきり竿を立て、ブリッジをしているように頭が地面につきそうなくらいの柔軟さで大格闘。小さいながら、かなりかっこいいふかせ釣り師っぷり!全員が見守る中、塾長が玉網入れをし、見事取り込んだチヌはなんとまさかの年無しチヌ!三平くんは、小学4年生でトシナシを釣るという偉業を成し遂げました。素晴らしいし羨ましいですね!すごい経験です。
P5050062

P5050078

P5050071

P5050073

塾長いわく、練り餌で釣れていても、時々はオキアミに付け替えて釣ったりと餌にもメリハリを付けた方がいいとのこと。この日はチヌの食い気がMAXなのか、どちらでもよく釣れました。

練り餌は、2色ミックスのものが一番よく釣れたと思います。午後になると、青空が出始め、気持ちのいい釣りタイムとなりました。間さんチームの釣り座は、あまりチヌがいないようで、塾長と寅さんが場所を交代しようと提案し、塾長が理香さんの隣に立ってアドバイスをし、早速、理香さん、竿を曲げ始めました。

華麗に片手でやり取りをし、チヌゲット!かっこいいです、理香さんも、釣り座を移動してから、じゃんじゃん枚数を増やし、根に逃げられたチヌさえも根気よく取り込んだりと、そのやり取りには、ついつい見とれてしまいました。
間さんも、最初にいたところで、釣り続け、砂浜をバックしながらチヌを取り込んでいました。納竿まで、みんな竿を曲げ続け、私はなんと、ふかせ釣りを始めて初めて30枚のチヌを釣ったという私の中での大記録となりました。塾長のこまめな気配りもあり、全員が楽しくふかせ釣りをた楽しむことができました。もちろん船の上では、全員上機嫌!

 

DSC00622

やはり塾長と釣りをすると、
みんなが笑顔になりますね!

とても楽しく勉強になった宮島の渚釣行でした。今からチヌ釣りがどんどん楽しくなりますね。

00

大知名人「寅ちゃん~、61釣ったでぇ~」

※ヒロスタ2012年9月号掲載

2012年8月27日、夕刻。編集長・黒鯛寅次郎の元に一本の電話が・・・
電話の主は、ミスターチヌ釣り・大知昭大名人。

大知名人「寅ちゃん~、61釣ったでぇ~」
編集長「え゛ー61匹も釣ったんですか????」
大知名人「ちがうちがう、61㎝や~、ばっちりやでぇ~」
編集長「え゛ーーーーー」

ooti61

巨チヌの聖地・御荘湾で大知名人お気に入りの名渡船・釣り筏大島海産さんで、磯チヌの61をゲット!!
釣ったのは、大知バエ2。
朝から、2か所の磯を探索し合計20匹を釣り上げ、14時ころにビッグワンを仕留めたそうだ。

ロッドは、鱗海スペシャルRB1.2-530。大知名人が御荘で最も信頼する竿だ。
道糸は2.5号、ハリスは2号。シマノのプロトタイプラインを使用した。太仕掛けが当たり前の御荘湾では細仕掛け使用といえる。針は、金龍SSの1号。食わせた餌はマルキューの練り餌釣法チヌ。

「御荘湾には、まだまだ開拓されていない磯もたくさんある。チヌ師なら、一度はチャレンジしてみんさい。」と大知名人は語る。

Team ChinuPara 201510 月例会

10月4日、チームチヌパラ 王者宮家政孝の2度目の防衛戦とチームランキング戦が開催された。

前王者山崎吉宗から不戦勝でベルトを奪い暫定王者となった宮家選手。
8月にランキング1位の松崎(初代、3代王者)との統一戦を制し正式王者に。

9月の初防衛戦では強豪柴山努選手を指名し、ラスト1分で逆転の1匹を釣り上げ初防衛を飾っていた。

S__13328390

日の出を浴び戦いのゴングが鳴った!

S__13328393
0-0のまま場所交代。

1時間1ラウンド。1ラウンド終了後場所交代。
計2ラウンド闘うも、この日は食いがシブく、延長戦サドンデスに・・・

しかし、延長1時間でも決着はつかず引き分けで王者宮家が防衛!!

その数分後・・・・
S__13328399
チヌをヒットする坂本選手。あと少し早ければ~(≧▽≦)

S__13328397
王者宮家もヒット、その後少し活性が出て来た。
ランキング戦は上原光選手が2度目の優勝。
ランキング8位に上昇した。

12063392_721435517986549_6700888531982420377_n
2位の柴山努選手。

12115754_721435561319878_4588144818819902029_n
厳しい状況だったが全員がリミットメイク♪

チームランキング 2015.10.4時点
※上位10名から王者が指名し防衛戦を行う。

王者宮家政孝 2度防衛中
1松崎一男
2柴山努
3坂本博也
4羽納三平・純一
5西原広晃・山口真弓
6中間 祐司
7沖田豊一
8上原光
9山崎吉宗
10渡辺靖

11益村和嘉
12小桜一也
13山田邦生
14堀田治彦
15柴山隆
16太田久士
17大野純子
18小桜たつや
19山田秀文
20山田達夫
21石田裕太
22増山博幸
23水野敦志・晴彦
24坪江英実
25松尾嘉治
26森本浩
27木原弘文
28古賀竜司
29大石誠
30二村良豪
31赤嶺鉄平
32丸山智秋
33八木英恵
34福西大地
35伊藤・山形
36小泉元伸
37五家厚一郎
38林哲也

マルケン渡船さんに子連れで遊びに行ってきました

昨日は、マルケン渡船さんに子連れで遊びに行ってきました。

サビキで良型アジを子供が連発、僕はルアーロッドに000ウキを付けて、松崎さん(松一建設社長)さんの潮下にこっそり(笑)忍びより、ひとのマキエサで48センチと40センチゲット!!

やはり、潮下でマキエサのたまる所をしっかりと探れば、そこにはチヌがいるようです。
牡蠣のぶら下がっていない、カラ筏で釣りをしたのに加え、潮はアタリ潮。
短い竿で、筏の下から出てこないチヌを狙い打ちましたところ、形もよく、安心して食ってきたからか、当たりも明確でした。

さらに松崎さんが健ちゃんと作業しているスキに、松崎さんの竿を奪って良型真鯛2匹ゲット♪

釣れた真鯛は双子のように大きさも殆ど一緒。やはりつがいで回遊しているのでしょうかね?
今秋のマルケン渡船はとにかく真鯛が好調です。

初筏釣りをご案内させて頂いた、お嬢様もアジ釣りを堪能。
いいとこどりの釣りを楽しみ、お昼前に撤収~ イイトコドリな1日でした~(笑)

12063625_719408834855884_5536964757938666683_n

と・こ・ろ・が

らが撤収したすぐ後に、松崎社長が65㎝の巨鯛をゲットしていたそうです!!

12038429_719407991522635_2092761506920446390_n
松崎さんの真鯛を持つ、同日釣りに来ていたLADY♪

子供の日に黒鯛三平と釣育(^_-)-☆

子供の日に、倅の黒鯛三平を連れて、釣育に行ってまいりました(^_-)-☆

前日の調査釣行は、3時間ほど、沖の屋形が無くなった周りの筏を表、裏といじってみたのですが、なんのアタリもなく撃沈。

沖の筏周りも好調なところは、牡蠣がぶら下がっている身筏が多く、黒鯛三平では取り込みに苦労しそうなので、陸周りの屋形に行く事に決定。

藤本船長も一緒に釣りました。

みんなで15枚のチヌを釣りました。

P5050019

 

黒鯛三平は、釣りに付き物の痛恨のバラシも経験!!

ギャラリーが沢山いる中でのバラシだっただけに悔しかったみたいです。

その悔しさが釣りをヒートアップさせます。

次は身筏にチャレンジしてみるかな~

マルケン渡船で、安定した高釣果を望むなら、沖の筏の筋が良いようです。
やはり、マキエサがよく入っている筏がよいので、渡船屋ケンちゃんによく聞いてみるとよいでしょう。

一発大物を狙うなら、陸周り。

筏についているチヌ自体は大きくはないのですが、地についているデカ物がまわってきたら、余裕で50を跳ねる、55クラスがヒットしてきます。

釣闘会のエース・色男竹中選手が、一発ぶっ飛ばされています。

「真鯛じゃない、チヌです」と断言。

化け物が潜伏していますよ~