マキエとサシエサの同調について

マキエとサシエサの同調について
フカセ釣りは、マキエをして魚を集め、その中にサシエを紛れ込ませて、魚にマキエとサシエを間違って食べてもらうように仕向ける釣りです。

それには、マキエの広がりの中にサシエを入れなくてはなりません。マキエとサシエがほど遠く離れていたのでは効果は薄くなります。この状態のことをいわゆる、「マキエサとサシエサを同調させる」といいます。

マキエの帯が水面近くを漂っているうちは、目で確認できるので一致させることは、簡単っちゃ簡単ですよね。ところが、ウキ下が深くなると、「勘」とか「推理」といったものに頼らざる得ないので、マキエとサシエを合わせるのは至難の技となってきます。

この辺が、特にグレ釣りの場合、「潮が速かったり」「水深が深かったり」という要因があるときに、いわゆる「腕の差」が出るのだと思われます。

ところが、チヌ釣りの場合は、そこまで「マキエとサシエの同調」が無くても、ヒットしてきますので、中級者を悩ますのでしょう。チヌ釣りも上級者になると、「大型を狙って、わざと微妙にマキエとサシエを外す」というテクニックを使ってきます。

チヌの場合、大型ほどマキエの中心には入ってこず、その周りで様子を伺っていると言います。ビギナーや上級者は、大きいチヌを釣ることが多く、中級者になると、数は拾っても中々、大物をゲットしにくくなる時期が来るのは、そのせいかも知れません。

ただこれは、違う説もあり、大型チヌもマキエサの帯に中に入ってきてはいるが、小・中型のチヌよりも動作スピードが緩慢なため、先に中小型チヌが釣れてします。そして、中小型が釣れることにより大型チヌは警戒し釣れなくなってしまう。という考え方です。

ワシとしては、この考え方が一番的を得ているような気がします。説をとなえている人が素晴らしいチヌフカセ釣り師だから、という事もありますが・・・

そんなこんなを加味しても、フカセ釣りの基本は、やはり「サシエとマキエの同調」にあります。

まずは、マキエとサシエを同調させるテクニックを向上させる事が大事です。メチャ大事なのです。

なぜなら、合わす事ができれば、「意図的に外すこと」もできるようになりますし、「若干ずらせて合わせる」「チヌの潜伏先に到達した瞬間に合わせる」など多様なテクニックを駆使することができるからです。

潮目 チヌ釣りテクニック№12

チヌ釣り、潮目について
よく、磯釣りをしていて、先輩諸兄から「潮目を狙え」なーんて言われると思います。

オイラもド・ビギナーのころは「はい、分かりました!!」といいつつ、「潮目とはなんぞや?…」とイマイチよく分かってませんでした(笑)。

潮目とは潮目とは「潮と潮の境目」のこと

ってのは、イメージとして分かっちゃいたんですが、実際、磯に立ってみると「イマイチ、よー分からん」って事があるんじゃないでしょうか?

本流がガンガン流れているようなポイントなら比較的見つけやすいんですが、チヌ狙いの場合なんて特に内湾のおだやかな場所が多く、分かりにくいってか、分からない。

よーく観察!!!
・海面の泡
・ヨレ
・波の立ち方

とにかく、この三つに神経を集中して注目してください。

チヌ釣り、潮目の見極め
海面に生じる泡は、潮によって流れ、動き、潮と潮がぶつかるところ、すなわち「潮目」で帯状にたまりやすくなります。

サラシの切れ目にでてくる「ヨレ」と呼ばれる、海面がなにやら捻じれた様に、よれた様になっている場所にも「潮目」ができやすいです。

波の立ち方は、風もないのに逆波で白波のようになっていたり、ベターと鏡面のようになっていたり….こういう所はチェックです。

海の潮の、色の違いも「潮目」の目安になります。

白い色と青い色の境目あたりは、カケアガリによって「潮目」となっていたりします。

そういう、場所に、ターゲットが潜んでいます!

そして何より、「変化」のある場所に神経を集中して下さい。

さっきは流れていなかったが流れ始めている場所。

ほかのところと雰囲気が違う場所。

海の色が違うポイント(シモリがある可能性があります)

とにかく釣りとは、かすかな変化を俊敏に察知し、それを応用していく事が釣果アップにつながっていきます。

釣り仕掛け,ガン玉について チヌ釣りテクニック

チヌ釣り仕掛け,ガン玉を打つ位置,ガン玉の必要性
ガン玉を打つ位置、というのは、フカセ釣りをする人にとって、永遠のテーマのような気がしますが…

ガン玉は、ツケエサをチヌの口元まで運んであげるのを手伝う物ですから、チヌが浮いている場合、潮の流れがない場合、水深が浅い場合、基本的に必要はありません。

ヒットポイントとなる地点まで流す間に、サシエサがチヌのタナに届く場合は、ガン玉は無いほうが良い、というのが私の持論です。

では、ガン玉が必要な場合の打ち方として…

まあ、ごく基本的なパターンですが、例えば3Bで沈む負荷力のウキがシブシブになるくらいに打つ場合、3Bのガン玉を1個打つより、落しナマリB、2、3、口ナマリ8というふうに、分散して打ってあげたほうが、より自然に近い状態で仕掛けは沈んでいきます。(図のガン玉が赤いのは分かりやすくするためです)

逆に水深が、10メートル以上あるような場合は、今度は、大きめの落しナマリで一気に中層まで沈めてやって、ハリス部分を探るような仕掛けが、効率的にチヌの居場所を探すことができるでしょう。

このほかに、押してくるような潮の時は針に近いほうのガン玉を大きくしたりします。

これは、仕掛けが手前に寄って、折れ曲がるのを極力防いで、出来るだけまっすぐな状態にするためです。
押してくる潮の速さにもよりますが、落としナマリ2~B ハリスの真ん中~3/4位の位置にBBか3Bを打つとよいでしょう。
竿一本以内の浅い場合は、落としナマリを7~5、下のナマリを2~Bくらいに軽くするといい感じです。浅い場合は全遊動でなく遊動仕掛けで仕掛けが入りすぎるのを防ぎましょう。

雨の対策道糸編

うっとおしい雨ですが、チヌ釣りでは、気配が消されてなかなか大物ゲットのチャンスです。

道糸がロッドに張り付いて、感じが悪いと思います。

竿尻をトントンとロッド全体に振動が伝わるように叩いてやると雫が落ちます。

また2.5から3号の太めの道糸を使うとロッドへの張り付きが軽減されます。
試してみてください