大崎下島 久比一文字 新本君の船にて 2017.1.29

大崎下島 久比一文字 新本君の船にて

大崎下島 久比一文字に新栄丸で渡りました。
腕利き8人のうち、釣果があったのは3人。
運よくそのうちの一人に入れました(^∇^)
80㎝の真鯛を釣って帰る、と豪語して出かけましたが8インチの間違いでした(笑)
黒鯛は40センチちょい。よく引きました。
今日はね、倅の誕生日なんで、なんとしても、と思って釣って帰りました。
いい修行になりましたv(。・ω・。)ィェィ♪
雨も降って寒かった~
飯も食わず一心不乱に釣りしたし、ずいぶんカロリー消費したに違いない(*`▽´*)

釣りの反省メモです。

1.魚の食いが渋いのに、オキアミの生を用意していない。
2.水深をきっちり計っていなかった(人に聞いてしまって、ずいぶん誤差があった)
3.流れが強くマキエサがたまらないのに底攻めの時間が長かった。
4.もう少し移動してもよかった。

集魚剤の具合は良かった その気になれば50メートル飛ぶ
チヌパワームギ ダッシュ まるきん 高比重剤
オキアミ3キロ アミエビ4キロ CR500グラム

なんとか1枚、小鯛はこのサイズ数枚。

江田島マルケン渡船 2017.1.19

大知塾の海田君と奥様と、マルケン渡船に。

終始渋い状態。
シブいのに、屋形→カラ筏に上がってしまったorz

屋形で1枚。底べた。はわせ。良型。アナゴは、カレイ調査の牡蠣屋さんがゲット。

カラ筏で2枚。
小さい(-_-;)

海田君撮影。髪が長いのが俺ではない。奥の小さいのが俺。

シブいのにエサ取りのフグは元気という、どうしたらいいのスパイラル(笑)

ひたすら手返しと底這わせ。

手返しスピード上げるために、重い仕掛けを上手に活用しないといけない。

課題が多いな。