子供の日に黒鯛三平と釣育(^_-)-☆


子供の日に、倅の黒鯛三平を連れて、釣育に行ってまいりました(^_-)-☆

前日の調査釣行は、3時間ほど、沖の屋形が無くなった周りの筏を表、裏といじってみたのですが、なんのアタリもなく撃沈。

沖の筏周りも好調なところは、牡蠣がぶら下がっている身筏が多く、黒鯛三平では取り込みに苦労しそうなので、陸周りの屋形に行く事に決定。

藤本船長も一緒に釣りました。

みんなで15枚のチヌを釣りました。

P5050019

 

黒鯛三平は、釣りに付き物の痛恨のバラシも経験!!

ギャラリーが沢山いる中でのバラシだっただけに悔しかったみたいです。

その悔しさが釣りをヒートアップさせます。

次は身筏にチャレンジしてみるかな~

マルケン渡船で、安定した高釣果を望むなら、沖の筏の筋が良いようです。
やはり、マキエサがよく入っている筏がよいので、渡船屋ケンちゃんによく聞いてみるとよいでしょう。

一発大物を狙うなら、陸周り。

筏についているチヌ自体は大きくはないのですが、地についているデカ物がまわってきたら、余裕で50を跳ねる、55クラスがヒットしてきます。

釣闘会のエース・色男竹中選手が、一発ぶっ飛ばされています。

「真鯛じゃない、チヌです」と断言。

化け物が潜伏していますよ~