マキエとサシエサの同調について


マキエとサシエサの同調について
フカセ釣りは、マキエをして魚を集め、その中にサシエを紛れ込ませて、魚にマキエとサシエを間違って食べてもらうように仕向ける釣りです。

それには、マキエの広がりの中にサシエを入れなくてはなりません。マキエとサシエがほど遠く離れていたのでは効果は薄くなります。この状態のことをいわゆる、「マキエサとサシエサを同調させる」といいます。

マキエの帯が水面近くを漂っているうちは、目で確認できるので一致させることは、簡単っちゃ簡単ですよね。ところが、ウキ下が深くなると、「勘」とか「推理」といったものに頼らざる得ないので、マキエとサシエを合わせるのは至難の技となってきます。

この辺が、特にグレ釣りの場合、「潮が速かったり」「水深が深かったり」という要因があるときに、いわゆる「腕の差」が出るのだと思われます。

ところが、チヌ釣りの場合は、そこまで「マキエとサシエの同調」が無くても、ヒットしてきますので、中級者を悩ますのでしょう。チヌ釣りも上級者になると、「大型を狙って、わざと微妙にマキエとサシエを外す」というテクニックを使ってきます。

チヌの場合、大型ほどマキエの中心には入ってこず、その周りで様子を伺っていると言います。ビギナーや上級者は、大きいチヌを釣ることが多く、中級者になると、数は拾っても中々、大物をゲットしにくくなる時期が来るのは、そのせいかも知れません。

ただこれは、違う説もあり、大型チヌもマキエサの帯に中に入ってきてはいるが、小・中型のチヌよりも動作スピードが緩慢なため、先に中小型チヌが釣れてします。そして、中小型が釣れることにより大型チヌは警戒し釣れなくなってしまう。という考え方です。

ワシとしては、この考え方が一番的を得ているような気がします。説をとなえている人が素晴らしいチヌフカセ釣り師だから、という事もありますが・・・

そんなこんなを加味しても、フカセ釣りの基本は、やはり「サシエとマキエの同調」にあります。

まずは、マキエとサシエを同調させるテクニックを向上させる事が大事です。メチャ大事なのです。

なぜなら、合わす事ができれば、「意図的に外すこと」もできるようになりますし、「若干ずらせて合わせる」「チヌの潜伏先に到達した瞬間に合わせる」など多様なテクニックを駆使することができるからです。


“マキエとサシエサの同調について” への2件の返信

  1. 初めてコメントさせて頂きます!!

    すごくわかりやすい解説ですね!!
    参考にさせてもらいます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です