マルケン渡船さんに子連れで遊びに行ってきました

昨日は、マルケン渡船さんに子連れで遊びに行ってきました。

サビキで良型アジを子供が連発、僕はルアーロッドに000ウキを付けて、松崎さん(松一建設社長)さんの潮下にこっそり(笑)忍びより、ひとのマキエサで48センチと40センチゲット!!

やはり、潮下でマキエサのたまる所をしっかりと探れば、そこにはチヌがいるようです。
牡蠣のぶら下がっていない、カラ筏で釣りをしたのに加え、潮はアタリ潮。
短い竿で、筏の下から出てこないチヌを狙い打ちましたところ、形もよく、安心して食ってきたからか、当たりも明確でした。

さらに松崎さんが健ちゃんと作業しているスキに、松崎さんの竿を奪って良型真鯛2匹ゲット♪

釣れた真鯛は双子のように大きさも殆ど一緒。やはりつがいで回遊しているのでしょうかね?
今秋のマルケン渡船はとにかく真鯛が好調です。

初筏釣りをご案内させて頂いた、お嬢様もアジ釣りを堪能。
いいとこどりの釣りを楽しみ、お昼前に撤収~ イイトコドリな1日でした~(笑)

12063625_719408834855884_5536964757938666683_n

と・こ・ろ・が

らが撤収したすぐ後に、松崎社長が65㎝の巨鯛をゲットしていたそうです!!

12038429_719407991522635_2092761506920446390_n
松崎さんの真鯛を持つ、同日釣りに来ていたLADY♪

子供の日に黒鯛三平と釣育(^_-)-☆

子供の日に、倅の黒鯛三平を連れて、釣育に行ってまいりました(^_-)-☆

前日の調査釣行は、3時間ほど、沖の屋形が無くなった周りの筏を表、裏といじってみたのですが、なんのアタリもなく撃沈。

沖の筏周りも好調なところは、牡蠣がぶら下がっている身筏が多く、黒鯛三平では取り込みに苦労しそうなので、陸周りの屋形に行く事に決定。

藤本船長も一緒に釣りました。

みんなで15枚のチヌを釣りました。

P5050019

 

黒鯛三平は、釣りに付き物の痛恨のバラシも経験!!

ギャラリーが沢山いる中でのバラシだっただけに悔しかったみたいです。

その悔しさが釣りをヒートアップさせます。

次は身筏にチャレンジしてみるかな~

マルケン渡船で、安定した高釣果を望むなら、沖の筏の筋が良いようです。
やはり、マキエサがよく入っている筏がよいので、渡船屋ケンちゃんによく聞いてみるとよいでしょう。

一発大物を狙うなら、陸周り。

筏についているチヌ自体は大きくはないのですが、地についているデカ物がまわってきたら、余裕で50を跳ねる、55クラスがヒットしてきます。

釣闘会のエース・色男竹中選手が、一発ぶっ飛ばされています。

「真鯛じゃない、チヌです」と断言。

化け物が潜伏していますよ~

マルケン渡船でOKJ TOKYOの増山さんと!!

寅です。

 

4/29-4/30と、OKJの東京支局長 増山さんが来江田島されました。

初日こそは午後から潮が逆の筏に入ってしまい大苦戦しましたが、

翌日は真紅の真鯛のほか、良型のチヌも仕留めて頂きホッとしました。

securedownload

釣りの後にOKJ CARの前でパチリ

 

それにしても、夜の部で千福上選吟松一升は飲みすぎました( ´艸`)

 

この週はけっこう食いが悪かった江田島湾内ですが(それでもけっこう釣れましたが・・・)

 

今日5/3はオール爆釣祭り

江田島湾内、これからピークかも?

2013年2月のヒロスタ杯です(^▽^)

江田島内イカダで開催しました。大知 昭プロに来て頂き、皆様に大知黒鯛塾を開いてもらいました。参加頂いた皆様も、まずまずの好釣果!+大知黒鯛塾+大会後の焼き牡蠣(恒例)を堪能してもらいました。

順位関係なく、皆様よく釣られてました(^-^)

全体の釣果は、チヌ150枚超えでサイズは47㎝がTOPでした。
カレイが9枚で、30㎝オーバーが2枚でした。
大会後の、恒例焼き牡蠣でわいわい騒ぎ、今日はとても楽しく終える事が出来ました(^-^)
皆様お疲れ様でしたm(_ _)m

20130223170722(1)

20130223170722(3)

66670_132791496893968_903352411_n

 

 

グレ釣りに五島へ

今年もまた、釣り場に行けども釣り出来ず・・・という日々が続いています。

いまのところ釣行は、たったの2回(-。-;)

うち一回は、1/6に主催したカキ筏でのチヌ釣り大会で9時~11時くらいのちょこっとやっただけ(^^);

でも、もう一回は、五島列島に行ってきました。

残念ながらチヌ狙いではなくグレ狙いでした。

でもグレの引きを堪能してきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

有川の潮騒さんにお世話になりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

初日は相ノ島の馬の瀬という磯です。

開始早々に40オーバーもゲット。

このサイズのグレ釣りは本当に面白いです。

がまかつフィールドテスターの岩田さんに

仕掛けの張り方、竿の構え方などいろいろ教えていただきました。

チヌ釣とも若干違ってなかなか難しかったです。

餌は、ボイルとか生とか小さいものを持って行っていたのですが、LLサイズでよかったようです。練り餌は使用していません。

マキエサは、チヌ釣のG2とグレスペシャルとオキアミ生4枚のブレンドでした。

午前中はボツボツ釣れていたのですが午後からは少しのんびりムードに。

とにかく寒くて、何度かカップラーメンを食って暖をとりました。

でも、せっかくここまで来たので、と思い、夕マヅメは真剣に最後の最後まで粘ります(・∀・)

そして

最後の

最後で

P1190476

 

48㎝の良型をゲット!!

写真は港についてから撮ってもらいした。
後ろには憧れの名人 柳生和夫名人が写っています(^▽^)

最高の記念写真になりました(≧▽≦)

翌日は釣りはせず、ヒロスタの取材。

ヒロスタ15で、がまかつテスターの岩田さんの五島レポートが掲載されます!!

よろしく~♪

黒鯛三平、大知昭名人に弟子入りの巻

この間、久々に倅と釣りに行くことになり、筏に行こうか、どこに行こうかと悩んだ挙句・・・
大竹の玖波港に行きました。
そうです、大知昭師匠のところに、倅を連れていったのです。

釣り仲間の皆さんならご存知でしょうが・・・ワシ、子供に「三平」と名付けています(* ̄ー ̄)

釣りキチ三平から取った、という訳じゃ無くで(多少はその理由もありましたが…)、字画が良かった事と、平和の「平」という字を名前に入れたかったのです。

でも、おかげで倅はどこに連れて行っても、すぐに名前を覚えてもらえます( ´艸`)

倅も小学2年生、7才になりました。
「そろそろ本物の釣り師と言うものを魅せておこう!!」
と思い、カリスマに相談したところ、ご快諾頂き稽古をつけてもらう事になりました。

最初は、大竹の護岸に行きましたが、目の前をイワシ網船が大挙していて、大知名人が「これでは魚の活性が上がらない」と判断され、一路、玖波の防波堤に釣り場を移しました。

荷物をおろして、運転手のワシは車を移動。

歩いて防波堤に戻ってもみると名人と黒鯛三平が防波堤をチェックしていました。

実は、前の晩から「日本一のチヌ釣り名人に教えてもらえる」というので興奮していた三平氏でした。

そして釣りのセッティング。

マキエサについてもいろいろレクチャーして頂いていたようです。

親父には結構口答えをする彼ですが、名人の言う事には「ハイ」といい返事です(≧▽≦)

これまでは、一緒に釣りに行ってもフッキングさせてからロッドを渡していましたが、「それじゃあ、楽しくないで」と大知名人。アタリを取ることを体験させようと構え方からご指導してくださいました。

スルスルっとラインが走り、穂先を絞り込みます。思わず慌てふためく黒鯛三平氏です。大知名人、しっかりフローティングベストをつかんで下さっています!!素晴らしい!!!

秋チヌのパワフルな引きに負けない強気なやり取りです。腰砕け親父とは随分違います( ´艸`) 名人が付いていてくれる、という心強さも味方してくれたみたいです!

見事良型チヌをゲット!! いままでのフッキングしてからロッドを渡されていた「釣らせてもらったチヌ」とは違い、アタリまで自分でとって釣りあげたチヌに充実感たっぷりです。

 

こ~んな感じで、なんと8匹もチヌを釣りまくった、黒鯛三平氏。

 

最後には、大物のバラシも味わい、涙ぐんでいましたが、それを見た名人曰く

大知師匠「悔しくない奴は上達しない。悪いけど、この子は寅ちゃんより随分才能があるで」

ワシ「倅が小学校6年生くらいには追い抜かれちゃいますねぇ・・・」

大知師匠「いや~、そんなに時間かからんで寅ちゃん(笑)」

・・・・

情けないですが、正直、釣りに対するどん欲さと、最後の一投まで諦めずにチヌを釣ろうとする、釣り人魂・・・彼にはかないません(-。-;)

 

そんなこんなで、息子の大知師匠への弟子入り釣行も無事終了。

夕方、一緒にゲームしながら話をしていると・・・

三平「父さん、そこはもっと行けるやで」

言葉まで、大知節になっていました(≧▽≦)

 

影響力がメチャメチャお強いようやで・・・

 

ではでは。。。

アンリちゃんの執事に出演しました!!

こんちゃ♪

黒鯛寅次郎です。

大知昭名人からお誘いいただき

TSSさまの深夜番組 「アンリちゃんの執事」に出演しました(^▽^)v

杉原杏璃ちゃん、かわいすぎです。

マジで顔小さかったです。

メイクさんも美人でした(///∇//)


ヒロシマスタートラインも宣伝してもらえ最高です!!

釣りは、瀬戸内の雷神 大知昭師匠にかなうはずもなく、ボロボロのボコボコに言わされました。

でも、昼飯の時に一枚良型を釣りました( ´艸`)
なので満足です。

ロッドを途中から、おにぎりちゃんの管理人(マネージャーではないらしい)のべっぴんさんに渡して、チヌ釣りを体感してもらいました。

釣りビジョンの海釣り王国広島の撮影も楽しかったですが、やはりロケって楽しいですね(^▽^)

広島 ISO翔竿会 下河内淳一名人

広島 ISO翔竿会 下河内淳一名人

平成20 年第38 回報知グレ釣り選手権優勝、同年サンラインカッ
プグレ全国大会出場、19 年GFG杯全日本地区対抗チヌ釣り選手
権団体部門優勝、18 年同グレ釣り選手権個人3位

 

「意外と簡単イシダイ釣り」

皆さんは釣りの中でも「イシダイ釣りは、とりわけ難しい」と思われている方が殆どだと思います。
ですが実際は意外と簡単で、素人でも大物を手にすることが出来る釣りなのです。

イシダイ釣りは、怒涛さかまく海で岩場にとりつき難しい顔をして竿を出すイメージがありますが、ほとんどの釣り場は意外と安全で近場にもあるのです。

渡船の大型化により夢と思われた男女群島などにも女性や高齢の方でも釣りに出かける時代が来ています。

「チヌ釣りよりカンタン イシダイ釣り」

瀬戸内海ではチヌ釣りを楽しむ釣人は多くいますが、イシダイ釣りをする人はわずかです。
チヌ釣りは確かに気軽に行けることは一番の理由と思いますが、、もし、イシダイ釣りが難しいと思われているとしたらそれは間違いです。

チヌのフカセ釣りは繊細な仕掛けに高度な撒き餌ワークが必要です。落とし込み釣りでも仕掛けのわずかな動きに集中して防波堤を探る我慢の釣りです。

イシダイ釣りは基本的に海底を探る釣りです。ですからイシダイ・イシガキダイ・クエ釣りなどの釣りを「底物釣り」と言い、釣人を底物師と言うのです。

イシダイ釣りは潮の流れに負けない程度のオモリを海底まで一気に落としこみます。ここが上物と大きな違いです。

又、ポイントも竿の下回りが多く、リールから糸を出すことが出来れば誰にでもイシダイを狙うことが出来るのです。

「ガツン スー スー イシダイ当り」
イシダイ釣りの最大の魅力は、私が思うに「当りから食い込みまで」が一番の楽しい時間です。

イシダイには独特の引きがあります。「三段引き」と言いご存知の方も多いと思います。

まずは口先でエサをガツン、ガツンとつっつく。

次は口先でくわえバックする、そして安全を確認すると一気に逆に走り始めるのです。

ただ全てが「三段引き」のパターンに当てはまらないのが知恵者イシダイなのです。どことなく艶っぽい女性に翻弄される中年男を想像してしまいます。

大物は独特の当りがあります。「チョンチョン、フワフワ、スースー」というような当りです。イシダイは当りで大きさがわかる釣りなのです。

イシダイ師はこの瞬間に心臓が高鳴り手が震えるほどの喜びと、悔しさを感じているのです。

 「近場に大物 イシダイ釣り」
イシダイのポイントは東シナ海に浮かぶ、男女群島、長崎・五島列島、大型クチジロの宝庫・小笠原諸島が有名ですが、意外と近場にもポイントは沢山あります。
広島県呉市の「音戸の瀬戸」、呉市蒲刈町の「三ノ瀬」などは車の行き交う道路サイドからイシダイがつれるのです。近くのオッチャンが潮を見計らってサンダルを履いて気軽にイシダイ釣りを楽しんでいます。

瀬戸内海でも潮が通り海底に岩があればどこにでもイシダイは潜んでいるのです。特に防波堤周辺は最高のポイントといえるでしょう。
「2010年は大物イシダイ当たり年」
2010年、7月に島根県の地磯で80センチを超えるイシダイが釣り上げられました。この記録は本イシ(イシガキダイを除く)としては日本記録でそれが山陰の地磯で出たとの情報に日本中のイシダイ師から驚きの声が上がりました。

遠投イシダイ釣りでの記録達成でしたが、仕掛けを聞くとまさに「大物に的を絞った」すばらしい根性のイシダイ師でした。
山陰地区では今年も60センチオーバーの釣果の情報が多く聞かれています。
日本記録とは行きませんが、私も浪漫を求めてこれからも海に通い詰めようと思っています。

「さあ始めよう イシダイ釣り」
とりとめの無い内容になりましたが、イシダイ釣りのほんの一部をご紹介しました。
読まれた方の中で1人でも多くの方に興味をもっていたたげれば幸いです。
イシダイ釣りを始めたいが「よく分からない?」という方は釣具店で店員さんに相談されるのが一番良いと思います。適切なアドバイスと地元のイシダイ師の方を紹介してくれるでしょう。
レッツ トライ さあ始めよう!イシダイ釣り。

 

第20 回 G 杯争奪全日本がま磯チヌ釣り選手権優勝 近江一明名人

第20 回 G 杯争奪全日本がま磯チヌ釣り選手権優勝
廣島銀麗会会長 近江一明名人

$黒鯛寅次郎のチヌフカセ釣り & 呉・とびしま海道情報

チヌのフカセ釣りをする人なら誰でも憧れる、㈱がまかつ(大阪府)が主催する「G杯争奪全日本がま磯チヌ釣り選手権」その第20回大会を制した近江一明氏に「チヌフカセ釣り」について語ってもらいました。

「日本一になった言うても、もう随分前の事じゃけんねぇ(笑)」
と照れる近江氏。宇和島では60センチを超えるモンスター黒鯛も仕留めている。

▼今の目標は?
「目標と言うか、とにかく今のモットーは『釣りは楽しく』です。競い合い勝ち上がる釣りも楽しいのですが、一応の目標は達成したので、いまはクラブ(廣島銀麗会)の皆と毎回の釣りを楽しく、が目標です。」

▼チヌ釣りはムツカシイ?
「確かに簡単な釣りではないですね。まずは基本的な仕掛けをマスターして、しっかりとしたマキ餌を作る事からスタートすればよいと思います。シンプルな仕掛けでもチヌは釣れます。まずは基本をしっかりマスターしましょう。」

▼釣りの極意は?
「変化をしっかり見極めて、おやっと気になるところがあったら積極的に仕掛けを入れてみましょう。そして何よりも『楽しくポジティブに釣りをすること!』そしてどんな時も最後の最後まで諦めずに海に向かいあう事です!そして美味いビールを飲む!これが大切です(笑)」

▼廣島銀麗会を主催されています。
「当クラブでは随時会員を募集しています。初心者の指導もしますよ!」